バンキング業務
1980年代の前半に、シンガポールを地域の金融センターにするというシンガポール政府の方針に呼応して、多くの大手グローバルバンクがシンガポールに支店を開設しました。ところが、複雑な国際取引に慣れているか、ロンドンやニューヨークの市場慣習に熟知しているシンガポール人弁護士が不足している(当時)ことが判明しました。

詳細情報


フルサービス
当事務所の弁護士は、いくつかの海外バンク(Wells Fargo、Armco Pacific、First City Texas、BHF Bank、Asahi Bank、UniCredito Italiano)がシンガポール支店を閉鎖するのを助けました。

当事務所の弁護士は、銀行支店の新設にも数多く関わっており、バンキングクライアントに対してすべての種類のサービスを提供することができます。

詳細情報


吸収合併(M&A)
当事務所のコーポレート業務の一環としてM&A業務があります。クライアントは、多国籍企業、上場会社、プライベート企業、中小企業などです。当事務所の経験と専門知識は、単純販売から証券購入(上場および非上場の管理ブロックを含む)、ビジネスおよび資産移譲、さらには戦略的提携、逆株式公開買い付け、民有化およびリストラ、複数の司法管轄区域にまたがるM&Aなど多岐に渡っています。当事務所は株式公開買い付けや自社株買い占めにも専門知識があることで高く評価されています。

詳細情報


派生商品
当事務所は、様々な店頭公開(OTC)派生商品および交換オファー派生商品の両方についてクライアントにアドバイスします。当事務所の専門知識は、あらゆるスワップ取引、利率が絡むフォワードおよび先物、OTCオプション、ワラント商品、通貨、資本利子、商品、レポ、証券貸付取引、さらには派生商品が組み込まれている、資産に裏打ちされた証券、株式、負債、仕組み債、ハイブリッド証券などをカバーしています。


コーポレートファイナンスと資本市場
当事務所は、コーポレートファイナンスに関連してクライアントに幅広くアドバイスします。公共および民間資本および負債オファリングに関しては、発行者、発行調整者、マネージャ、アンダーライターの働きをします。

詳細情報


資産と富の管理
当事務所のコーポレート、バンキング&ファイナンス部には資産および富を管理する専門の弁護士チームがあります。合計すると50年以上の業務経験になるこのチームの弁護士は、熟練し、経験が豊富で、業界が直面しているビジネス問題をよく理解しています。

詳細情報


不動産および譲渡証書作成業務
シンガポールでの譲渡証書作成業務は、基準料金が撤廃されたことを受けて2002/2003年に大きく変わりました。
2003年以前は、理論的には、基準料金のために、クライアントがどの法律事務所を利用しようとも、浄土証書作成料金は、取引の価値によって変わるものの法律事務所間で差がありませんでした。


詳細情報


商法
あなたがシンガポールで会社を興そうと考えているのなら、ぜひ当事務所にお越しください。どのような方法(個人企業か、パートナシップか、限定パートナシップか、子会社か、支店か)が最善かについてアドバイスしたり、会社設立の手助けをしたり、パートナシップ証書の草案を作成したり、エンプロイメントパス申請(あなたが外国人の場合)のお手伝いをしたりできます。

詳細情報


雇用法
Nanyang Technological University(NTU)が1991年に初めて開校したとき、当事務所のTan Peng Chinがこの大学から、様々なスタッフ、個人指導員、講師、教授、客員研究員など全員と結ぶ標準雇用契約書の作成に協力するように要請されました。当事務所はまたNTUの雇用ハンドブックも作成しました。

詳細情報


知的財産(IP)
当事務所は、IP業務の分野でも幅広くクライアントを有しています。

取引に関しては、多数の上場企業の世界的な登録商標ポートフォリオを管理しています。契約書の草案を書き、商業知的財産、メディア、競争法の各問題に関してアドバイスします。

詳細情報


テクノロジーおよびEコマース
当事務所のIT弁護士は、あらゆるテクノロジー(コンピュータ、携帯電話、ハイファイシステム、プラズマTVなど)やオンラインショッピングに興味を持っている弁護士たちです。

詳細情報


フランチャイズ/ライセンシング
フランチャイズとは、誰もがお世話になっている概念であり、マクドナルド、バーガーキング、ケンタッキーフライドチキンなどがすぐ頭に浮かびます。

フランチャイズでは、フランチャイズ加盟者は、一定の料金を支払う見返りとして、フランチャイズ主催者からビジネス、マーケティング、運用戦略を譲り受け、トレードマークとしてフランチャイズ主催者の名前を使用できます。


詳細情報


競争法
2005年1月1日に競争法がシンガポールに初めて導入されました。自由競争の抑制禁止や独占禁止などを取り決めた運用細則は2006年1月1日をもって発効しました。

詳細情報


民事訴訟
訴訟を武道に例えるならば、当事務所の訴訟者はシンガポール有数の武道スクールつまり「道場」の出身者です。これらの「黒帯」は、Drew & Napier、Rajah & Tann、Rodyk & Davidson、Baker McKenzie、Wong & Leow、Lee & Leeなどのシンガポール有数の訴訟事務所で訓練を受けたか勤務した経験の持ち主です。

詳細情報


破産
「中国航油(CAO)だけではありません」

シンガポールCAOの事件は、最近のシンガポールで最大の企業倒産だという人がいます。正にその通りだと思います。当事務所の訴訟弁護士は、1800万米ドルの訴訟と破産手続きがからんだSK Energy Asia対CAO裁判の渦中でSK Energy Asiaを代理しました。

詳細情報


海事および海運訴訟
当事務所の海事および海運担当の弁護士は、訴訟に直接関係する場合とそうでない場合の両方において、クライアントにアドバイスしたり代理したりしています。訴訟に直接関係しない業務では、豊富な海運金融経験を生かして、スカンジナビア、ドイツ、日本などの多くのシンガポールおよび世界の銀行をクライアントとして抱えています。当事務所は、船舶の売買取引、船舶の建造と修理に関する契約、商品の国際販売、貿易金融、保証、信用状、貿易文書作成などの様々なコーポレート/取引海運業務に関わっています。また、シンガポール、パナマ、リベリア、バヌアツなどの様々な国々での船舶/モーゲージ登録も経常的に取り扱っています。

詳細情報


犯罪関連業務
当事務所の大部分のクライアントは順法精神に長けているので犯罪関連業務はそれ程大きくはありません。
それでも、数年前、当事務所の弁護士が、麻薬密売の疑いをかけられたマレーシア人を弁護しました。シンガポールの麻薬取締法(MDA)の下では、有罪と判定された場合の刑は死刑のみです。


詳細情報